忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/24 14:06 】 |
ミッドナイト イン パリ
久しぶりとても面白い映画を見た。

「現在って不満なものだんだ。それが人生だから」


前を向こう。

拍手[0回]

PR
【2012/12/16 16:27 】 | 映画 | 有り難いご意見(0)
プリンセストヨトミ
なかなか面白かった。

こういう発想ができるようになればなあ。

拍手[0回]

【2012/02/18 21:39 】 | 映画 | 有り難いご意見(0)
阪急電車
後悔しない自信があるのならば、
殴り返したほうがすっきりする。



人を安心させる話し方ってあるんやなあ。

拍手[0回]

【2012/02/11 14:47 】 | 映画 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
湾岸MID NIGHT
漫画の実写版です。
結構、面白かった。


人はどんな高いところでも登ることができる。
しかし、それには決意と自信がなけばならぬ。
              by アンデルセン



拍手[0回]

【2011/10/23 21:33 】 | 映画 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
天国からのエール
偶然で片付ければ、簡単に片付くのかもしれないねんけど、
でも、俺は世の中には不思議ななにかがある気がする。

今日、普段買わない雑誌をほんまに、偶然、コンビにで買った。
別にこの雑誌を買いたかったわけじゃなくて、
買いたい雑誌がなかったから、ほんまに偶然買っただけ。

その中に阿部寛さんのインタビュー記事が書いてあった。
内容は10月1日から、ロードショーされる「天国からのエール」。




この物語のもとになったのは中曽根陽さん。
俺はこの人とほんまに少しやけど、会話したことがある。

もう7年前くらいかな。
あじさい音楽村のアーティスト「CRIMSON」のライブで。
インディーズで、結局売れないまま解散したバンドやけど、
偶然CDショップで手にしたら、はまってしまって。

そしてライブに行くようになったら、
中曽根さんは出会ったらいつも話しかけてくれて。

亡くなったのは知ってたけど、雑誌を通して思いがけない再会。

普段から映画情報をチェックしたりしないから、
こうやって偶然、知ることがなければ、この映画、見過ごしていたやろうなあ。

あじさい音楽村出身のステレオポニーの主題歌もすごくいい。

偶然で片付ければ、簡単に片付くのかもしれないねんけど、
でも、俺は世の中には不思議ななにかがある気がする。

拍手[0回]

【2011/09/25 23:22 】 | 映画 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]