忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/18 00:50 】 |
砂漠
伊坂 幸太郎 著
新潮社
2010年6月29日



「自分たちさえ良ければいいや、そこそこ普通の人生をなんてね、そんな生き方が良いわけないでしょう。俺たちがその気になれば、砂漠に雪を降らすことだって、余裕で出来るんですよ。」(本文より抜粋)

本の帯に書かれていたこの文章に惹かれて、この本を読んだ。
とある大学生たちの話。今の俺の心に響く言葉が多く書かれた本。
俺は西嶋みたいな人間になりたい・・・・・・。



「西嶋はさ、そういう突発的なことをやって、どうやって納得しているんだい。」
「納得?突発的?だって、誰も引き取りに行かなかったら、こいつはピンチだったんですよ。大ピンチですよ。」
「これからも保護期間の切れる犬がでるたびに、西嶋は犬を引き取りにいくわけ?」
「まさか、どうして俺が全部の犬を助けなくちゃいけないんですか。たまたまですよ。今回は見ちゃったからね、気になったんですよ。次からはもうあのホームページは除かないことにしたし。」
「でもさ、西嶋、その一匹だけ救って、後は見て見ぬフリというのも矛盾してないかな?」
「矛盾しちゃいけないって法律があるんですか」


拍手[0回]

PR
【2010/08/30 20:01 】 | | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
フィッシュストーリー
「時間」というもんは不思議だ。

今この瞬間に大きなことをやっている人もいれば、
小さなことをこつこつやっている人もいる。
無意味と思えることをやっている人も。

時間の流れというものは、
大きなこと⇒大きなこと⇒大きなこと
そんな風に決まってないかもしれない。

今、この俺の無意味な行為が、
俺が知らないところで、
俺がいなくなったあとで、
まわりまわって、
いつか起きる大きな出来事につながるかも。

なんてことはまるでない。(あ、これは違う本か・・)



『僕の勇気が魚だとしたら、そのあまりの巨大さと若さで。陽光の跳ね返った川面をさらに輝かせるだろう』

「正義の味方になりたかったんですよ」
「大事なのは、職業や肩書きではなくて、準備だということらしくて」
「準備?」
「強い肉体と動じない心。それを身につける準備こそが必要だ、と」

拍手[0回]

【2010/08/08 19:32 】 | | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
最悪
「最悪」奥田英朗 著


誰にでも「最悪」な瞬間は、2度や3度訪れるやろうけど、
一歩間違うと大変なことになる。
そんなお話。

途中までの展開は面白かったけどなあ・・・・・。

拍手[0回]

【2010/02/14 16:19 】 | | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
ラッシュライフ
「ラッシュライフ」伊坂幸太郎 著

言い尽くされた表現やけど、
「時間は平等」に流れている。
当然、今この瞬間を生きているのは俺だけじゃない。

自分が気がつかないところで、
知らない誰かと繋がっていて、
でも、きっと繋がっていることに気がつかない。
時間ってそんなもんか。

「金で買えないものはない。」

1つの物も、その人に考え方次第で解釈の仕方が異なる。
すべてが同じなんてないんやろ。
いいように解釈する。それができれば幸せなんやろうな。




------------------------以下、本文から抜粋----------------

「俺はさっき、泥棒のプロフェッショナルと言ったよな。」
「でもな、人生については誰もがアマチュアなんだよ。そうだろう?」
「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね。とにかく実際には、全員がアマチュアで、新人だ。」

拍手[1回]

【2010/02/13 23:20 】 | | 有り難いご意見(3) | トラックバック(0)
陽気なギャングが地球を回す
「陽気なギャングが地球を回す 」(伊坂幸太郎 著)

見た目は大事。
人は外見に騙される生き物だから。
銀行強盗もまた同じ。

-----------------以下、抜粋--------------------------------

「記憶とは、思い出そうとしている今この瞬間の自分によって新たに作り出された、『記憶と思われるもの』にすぎないのです。創造物です。まさに、『歴史』が権力者によって捏造された共通認識であるのと似ています。』



「記録は善でしょうか?保存や保管は賞賛されるべきことでしょうか?桜の花はすぐ散るから愛しいのです。消えていくほうがよほど良いというのも多いのではないでしょうか。別れた恋人との思い出、大雨の後の川の濁流、天才が一夜限りに吹いたアルトサックスのアドリブ、友人とのその場限りの会話、一瞬にして消えていくから大切なのです。銀行強盗を見たこともすぐに忘れるべきでしょう。携帯電話に残るメールの履歴など糞食らえですよ!。」

拍手[0回]

【2010/01/11 13:17 】 | | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]