忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/06 04:09 】 |
クライマーズ・ハイ
「クライマーズ・ハイ」横山秀夫著

1985年夏の日航機墜落事件を、当時の地方新聞記者だった著者が、
架空の地方新聞記者を主人公として、
その当時の状況を描いた小説。

日航機墜落事故というものの大きさを、
事故という観点ではなく、
自分の仕事という観点で描がかれている。
社内政治、派閥、部下。
たまたま日航機墜落事故の全権デスクに指名された人間が、
縦社会の会社の中、何を支えにして仕事するのか・・・

仕事って何なんですか?・・

「下りるために登るんさ。
---中略----
だが、降りずに過ごす人生だって捨てたものではないと思う。
---中略----
転んでも、傷ついても、たとえ敗北を喫しようとも、
また立ち上がり走り続ける。
人の幸せとは、案外そんな道々出会うものではないだろうか?」


そう思いたい。

拍手[0回]

PR
【2007/12/09 12:58 】 | | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<神戸空港 | ホーム | 東京大学応援部物語>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














管理者にだけ表示を許可する

虎カムバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]