忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/09/23 01:47 】 |
砂漠
伊坂 幸太郎 著
新潮社
2010年6月29日



「自分たちさえ良ければいいや、そこそこ普通の人生をなんてね、そんな生き方が良いわけないでしょう。俺たちがその気になれば、砂漠に雪を降らすことだって、余裕で出来るんですよ。」(本文より抜粋)

本の帯に書かれていたこの文章に惹かれて、この本を読んだ。
とある大学生たちの話。今の俺の心に響く言葉が多く書かれた本。
俺は西嶋みたいな人間になりたい・・・・・・。



「西嶋はさ、そういう突発的なことをやって、どうやって納得しているんだい。」
「納得?突発的?だって、誰も引き取りに行かなかったら、こいつはピンチだったんですよ。大ピンチですよ。」
「これからも保護期間の切れる犬がでるたびに、西嶋は犬を引き取りにいくわけ?」
「まさか、どうして俺が全部の犬を助けなくちゃいけないんですか。たまたまですよ。今回は見ちゃったからね、気になったんですよ。次からはもうあのホームページは除かないことにしたし。」
「でもさ、西嶋、その一匹だけ救って、後は見て見ぬフリというのも矛盾してないかな?」
「矛盾しちゃいけないって法律があるんですか」


拍手[0回]

PR
【2010/08/30 20:01 】 | | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<Jin Rock Festival in KAMO 2010 | ホーム | フィッシュストーリー >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














管理者にだけ表示を許可する

虎カムバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]