忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/09/23 01:04 】 |
こうして私はゴッホになった


「ぼくは100年後の人々にも、生きているかの如く見える肖像画を描いてみたい」



行って来ました、国立新美術館。ゴッホ展。

混んでました。30分待ち。
中も人、人、人。
頭ばかり・・。

まあ、でも人は流れるので、
思ったよりちゃんと見れました。


ゴッホが画家になることを決意したのは、27歳。
ゴッホの画家生命は約10年。

今回のゴッホ展は、「灰色のフェルト帽の自画像」
をメインテーマに据えたもの。
ゴッホの絵の軌跡を、彼が影響をうけた画家の絵とともに並べたもの。

ゴッホという名前くらいは知ってたけど、
それ以上は知らない俺にとっては、いろいろと新たに知ることが多かった。

「僕の絵に対して、僕は命をかけ、
僕の理性はそのために半ば壊れてしまったんだ。」


音声解説はTBSの安住アナで、なかなか聞きやすかったです。


拍手[0回]

PR
【2011/01/04 22:08 】 | ちょっと芸術に興味あり | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<道草の進め | ホーム | 巨大な牛>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














管理者にだけ表示を許可する

虎カムバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]